価値を生み出したければ、人が言っていることではなく、人が行動していることを見ること

ノート
ポール・グレアム
ただユーザがいるだけで、ユーザは自分の望むことをあなたの製品がやってくれるかどうかにしか関心がない。スタートアップは、まるで物理学みたいに、人間関係とは無縁のところにある。人々が望むものを作るしかないし、それをどれだけやれたかで成功の限界が決まる。

ポール・グレアム氏が言っていることは人間の本質を示している。私たちの意思決定は、社会的な要因により物事が決まることが非常に多い。インターネットサービスでプロダクトを見るとき、何かを買うとき、この社会的な要因の力は弱まるため、プロダクトそのものがユーザーの欲求を満たさないかぎり、購買行動には結びつかない。インターネットのような顔が見えない状況では、集団の協調よりも、個人のエゴ的な側面が強まる傾向にある。

「人が言っていることを聞かないこと。そこに真実はない。人が行動していることを見なさい。」

ということだ。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です