あなたが無視され続ける理由。『誰でも・みんなに』という言葉を使った瞬間に、あなたの想いや価値は誰にも伝わらないことになる現実

ノート

事業を営んでいる起業家や経営者、作品を創りだすクリエイターは、『より多くの人に使って欲しい、価値を届けたい』と望んでいます。そんな時によく使われる言葉が、「誰でも」とか「みんなに」という言葉です。

一見とてもよい言葉のように見えますが、この言葉に大きな罠があります。

誰でも・みんなにという言葉を使う弊害

想像してみてください。

あなたは街を歩いています。

『誰でも無料でお使いいただけます〜』と叫んでいる人がいます。きっと何かの宣伝かキャンペーンなのでしょう。

あなたはその言葉を聞いて、振り向くでしょうか? 興味を持つでしょうか?

たくさんの人が忙しく早足で歩いている中、『誰でも無料でお使いいただけます〜』という言葉だけ聞いて、あなたは足を止めるでしょうか?

実際これは、ほとんどの人が無視をします。

人は、『誰でもいいです』と言われても、それだけでは見向きはしません。

誰でもいいというのは一見良い言葉ですが、逆を返せば『あなたでなくてもいい』という意味も含まれています。『誰でもいい』というのは、『あなたでなくてもいい』というメッセージを発信しているのと同じなのです。だから、人は振り向かないのです。

「誰でも・みんなに」を表す英語のeveryone, anyoneには、どちらも一人の人を示すoneが含まれています。みんなに使って欲しい、誰にでもできるようにしたいを望むのであればあるほど、みんなを見るのではなく、たった1人の人をどれだけ大切にできるか、が問われます。

「みんな」を考えれば考えるほど、誰かたった一人の人について考え、深く知ることが必要になる。

逆説的ですが、望むこととやるべきことが直線的な関係になっていないのは、世の中の仕組みとしてとても面白いものです。

「誰でも・みんなに」を表すeveryone, anyoneには、どちらも一人の人であるoneが含まれている。

みんなを望むのであればあるほど、たった一人の人のことをどれだけ大切にできるか、考えられるかで道は開かれていくのです。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です