飲食店ビジネスの不安定な売上を安定化させ、来店率を2倍以上にするためのビジネスモデル

ノート

カフェやレストランなどの飲食店ビジネスでよくある悩み

ご存知のように、飲食店の売上は客足にかかっています。しかし、

『お客さんがいつ来るのか、今日はお客さんが来るのか、来ないのか』

は非常に予測しづらく不安定なものです。お客さんが来なければ売上も不安定になり、飲食店経営者は『いつも売上の不安』を頭に抱えています。

  • 売上が不安定だと先の予測ができないため、大きな投資をすることができません。
  • 投資ができないということは経営者にとってビジネスチャンスを逃すことになり、大きな機会損失になります。

飲食店ビジネスの売上を安定化させ、リピート率を最低2倍以上にし、ストックビジネスに変身させる画期的な方法

一般的に、飲食店ビジネスは売上が不安定なものだと信じられていますが、飲食店のようなビジネスでも、ビジネスモデルの工夫をすることで売上を安定化させ、ストック型のビジネスモデルにすることはできます。

ほとんどの飲食店が使っていませんが、実は『飲食店でも使えるフロービジネスをストックビジネスに変身させる仕組み』があります。

このビジネスモデルを導入することで

  1. 『来店率を最低2倍以上』にし、(これは”最低”です。理論値はそれ以上あります)
  2. 『毎月の売上を安定化』させ、
  3. 『資金繰りを楽にする』

ことができます。

しかも、このビジネスモデルを導入するためにかかる設備投資や初期費用はごくわずかです。事業規模が小さな町の小さなカフェや個人経営のレストランでも十分導入できます。

『売上を安定化させることで先の売上予測ができるようになり、売上の不安から解放されるようになります』

飲食店ビジネスをやっているが、売上が不安定で困っている飲食店経営者の方はぜひご相談下さい。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です