【Git初心者向け】やりたいこと逆引きコマンド集

ファイルのバージョン管理に便利なGit。Gitには様々なコマンドがありますが、忘れてしまうこともしばしば。そこで、Gitでやりたいことがあるときに使えるコマンドをまとめました。
『あれ、やりたいんだけど、なんだったっけ?』というときに使ってみて下さい。

下記のチートシートはわかりやすく、日本語で綺麗にまとまっています。こういうチートシートを壁紙などに設定しておき、コンソール(ターミナル)を半透明にしておくと、作業効率がアップします。

git rmをしないでrmしてしまったとき、一括でgit rmをするコマンド

一括でgit rmを実行するコマンド
% git status | grep deleted: | awk '{print $3}'  | xargs git rm
特定のコミットの変更点を確認したい
git show コミットハッシュ
コミットを取り消したい
git reset --hard HEAD^
zshでコミットを取り消したい
git reset --hard 'HEAD^'

zsh シェルを使っている場合は、^ をエスケープするか、' で囲む必要がある。

ローカルブランチからブランチを作成するコマンド群です。

ブランチの一覧を見る

git branch -a

ブランチを切り替える

カレントブランチを切り替えるコマンド
git checkout ブランチ名
git co ブランチ名 (※コマンド省略形)

ブランチを作成

git checkout -b 作成するブランチ名

ローカルブランチを削除する

作業開始前にブランチ作成を忘れたときは?

変更したファイルをコミットしていない状態であれば、下記のコマンドで新規ローカルブランチを作成することで、masterでのファイルの変更は作成したブランチに引き継がれる。

git checkout -b ブランチ名

ブランチをリモートに登録

git push -u origin 作成したブランチ名

リモートリポジトリのURLを確認したい

Git LFS (Git Large File Storage) は、Git で大きなファイルサイズのバイナリファイルをGit でバージョン管理できるようにするための仕組みです。

Gitと言えばエンジニアが使うものというイメージがありますが、エンジニア以外の方でも、ライターや小説家などテキストファイルを扱う方であれば大きな恩恵が得られます。

メッセージ:
J M R᠎ A U