【簡単】Unityのシーン切り替えでフェードイン・フェードアウトを実装できる「Unity-FadeManager」

Unityのシーン切り替え時に画面がゆっくり、徐々に切り替わるフェードイン・フェードアウトを実装する方法です。

シーン切り替えのフェードイン・フェードアウトを実装する方法はいくつかありますが、Unity初心者や非エンジニアにとっては、 Unity-FadeManager を使うのが一番簡単かと思います。

Unity-FadeManager を使えば、3ステップで簡単にシーン切り替えのフェードインやフェードアウトを作ることができます。

  1. Unity-FadeManager をダウンロードします。
  2. ダウンロードしたパッケージをUnityプロジェクトにインポートします。
  3. Assets 内に、naichilab というフォルダができるので、その中にあるフォルダを FadeManager ⇒ Prefabs とたどっていき、FadeManager をヒエラルキーに配置します。
  4. シーン切り替えをしたい箇所で、
    FadeManager.Instance.LoadScene ("シーン名", 1.0f);

    とします。

フェードイン・フェードアウトの色も簡単に変更でき、切り替えの秒数も指定できます。既存のシーン切り替え部分を1行変更するだけでできるのでとても簡単。
Unityでフェードイン・フェードアウトのシーン切り替え演出をしたいときは、Unity-FadeManager を使うのがおすすめです。

他にも、Unityに関する記事はこちらをどうぞ。

メッセージ:
U᠎ C D I G