【値段が安いモーションキャプチャー】ヘッドトラッキング・アイトラッキング・ハンドトラッキングを簡単に実現する方法とは?

モーションキャプチャーをする際に重要なのがセンサーデバイス。全身のモーショントラッキングから、頭や指など各部位のモーションキャプチャーができるセンサーデバイス関連をまとめました。

パーセプションニューロン

オプティトラック

Notch

特に、ヘッドトラッキング・アイトラッキングデバイスでは、JINS MEMEは有望そうな予感。価格も4万円〜と手頃。

を見ると、このように書かれています。
インターフェイスは、ブルートゥース4.0です。

取得可能なデータ
JINS MEMEはさまざまな用途に対応するため、リアルタイムとスタンダードの2種類のモード を持っており、取得可能なデータが一部異なります。JINS MEME SDKでは、リアルタイムモードのみ開発者向けに公開しています。

リアルタイムモード
ランニングやフィットネス時の動きの把握やコントローラーとしての使用など精緻なデータを即時取得・分析する場合に適したモード (約20Hz、ペリフェラル・ホスト間のBluetooth通信周期に準ずる)

目に関するデータ
視線方向
まばたき
まばたきのスピード(Millisecond)
まばたきの強さ(一般的に、50~200の間におさまります。)

身体に関するデータ
姿勢のズレ・頭の傾き(度)
歩行判定
加速度
メッセージ:
V Y I Q Y