Railsでビュー(view)を作りたい

Ruby on Rails で画面表示や出力の役割をするView についてまとめました。

  1. Railsアプリのビューファイルは、app/views配下のディレクトリに保存する。
  2. RailsのViewの基本はERBが標準で、ファイル名の拡張子は.html.erbである。
  3. .html.erbファイルの中身は、基本的にはHTMLファイルになっている。
  4. HTMLファイル内に、erbのタグを埋め込んだものがRailsアプリの画面であるビューファイルとなる。
  5. Railsで作られたアプリの画面を変えたい』ときは、これらのビューファイルだけを変更することで、画面や見た目を変えることができる。
  • respond_to
  • render
  • link_to
  • form_tag, form_for
  • input_tag

Viewファイルにデバッグ情報を載せるには、debug メソッドか、inspect メソッドを使います。

  • 基本は、debugメソッドを使います。
  • オブジェクトの中身を表示したいときは、inspectメソッドを使います。
コメントを入力:
A​ O E S O