CATEGORY 【02】独自商品・サービスをつくりたい

【Amazonも使っている】新商品や新規事業は「アウトサイド・イン」の思考で生み出す

ノート

新商品は中身から作るのではなく、箱から作ること。ここで役立つのがアウトサイド・イン発想だ。Amazonもこの方法のようにはじめにプレスリリースを作ってから、新サービスを創っている。 ゼロからの商品開発は順序が大切。 ゼロ…

小説家・村上春樹が語った創作の秘訣とカキフライの関係性

ノート

村上春樹氏「文章を書く、孤独な作業は『1人カキフライ』によく似ている」で、世界的にも高い評価を受けている小説家、村上春樹氏が小説を書く秘訣を語っている。創造性の要点を突いており、彼は、大好物のカキフライを揚げることと執筆…

Appleが自社製品を買ってもらうために使っているプロダクト開発戦略

ノート

接続方式を独自にすることでユーザーに買う理由を与えるApple Appleのがそう。イヤホンや充電器などのリピート性のある消費財を市場で安価に手に入る汎用的なものではなく、独自性のあるものでキャッシュポイントを生成。その…

エンジニアやデザイナーこそ仕事のやり方を時間から人数へ変えたほうが良い

ノート

サラリーマンをやっていると、何時間働いたかというのは重要だ。なぜなら、残業代にせよ、何にせよ、基本的には時間ベースだからだ。時給、日給、月給、年棒。見た目こそ違うがどれも同じ。サラリーマンもアルバイトも何も変わりはしない…

【アイデアが成功に変わるまで】私たちはどうやってアイデアを実現していくのか?

ノート

一切行動をせずに、ネコに話しただけですぐにあなたのアイデアが実現する手段は、現在までのところ発明されていません。これはある種の理想です。人々の多くは、これを求めています。 今までより、操作する回数が少なくて済むアプリやW…

価値を生み出したければ、人が言っていることではなく、人が行動していることを見ること

ノート

ポール・グレアム氏が言っていることは人間の本質を示している。私たちの意思決定は、社会的な要因により物事が決まることが非常に多い。インターネットサービスでプロダクトを見るとき、何かを買うとき、この社会的な要因の力は弱まるた…

誰でもどんな状況でも使える価値提供の2つの方法

ノート

新商品や新しいサービスを考えるとき、その本質は『価値の提供』がキホンになる。価値提供と言うと抽象的でイメージがしづらいので、私は次のような2つの基準で分類している。 価値提供の2つの方法 価値というものを定量化し、数字で…

ブログが書けないときに。ブログは話すように書くとうまくいくポール・グレアムのアドバイス

ノート

ブログ記事を書こうとするとき、何とも億劫な気持ちになることがある。 そんなときに大切なのは、『記事を書こうとしない』こと。 記事を書かななきゃいけない、という気持ちではなく、相手にこれを伝えたい、相手にこれを話したいとい…

新サービスやアプリ開発のときに、なぜ自分で手を動かさないといけないのか?

ノート

マテリアライザーでは、「自分で手を動かす」ことを何よりも重視している。 なぜなら、自分で手を動かせないと「プロトタイピングができない」から。単純に、紙ベースで設計書を書き、その設計書を基に他の人間が実装する。だと、何度も…