Appleが自社製品を買ってもらうために使っているプロダクト開発戦略

ノート

接続方式を独自にすることでユーザーに買う理由を与えるApple

Appleのがそう。イヤホンや充電器などのリピート性のある消費財を市場で安価に手に入る汎用的なものではなく、独自性のあるものでキャッシュポイントを生成。そのためユーザーは、既存のイヤホンや周辺機器との接続ケーブル、VGAケーブル、電源アダプタを流用して使うのではなく、新たにiPhone用、Mac用に周辺機器を揃える必要がある。

パソコンやスマートフォンといった本体ではなく、この周辺機器がAppleの大きなキャッシュポイントになっている。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です