インテル共同設立者ゴードン・ムーアが語る起業の始め方

ノート

私の考えは、まず製品や何かをしたい領域を決め、それが理にかなっているなら、新たな事業を始める。

つまり、今日の多くの起業家はものごとに逆のアプローチをしているように思える。彼らは新しい会社を起こすことを決め、それから利用できるアイデアを探し始める。それが大成功することもある、例えばGoogleのように。

多くの場合、線香花火のように、短期間成功したあと他の何かに取って代わられる。

もし私が現在および未来の起業家にアドバイスを贈るとすれば、今やろうとしていることを元に長期的事業を作る方法を探しだすことだ ー 短期的成功だけでなく。

ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore)は、Intel Corporation(インテル)設立者の一人。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です