勝敗を決める日本神話3種の神器にみる3つのチカラの制御方法

ノート

古来から伝わる日本神話には3種の神器が存在する。

  1. 八咫鏡(やたのかがみ)
  2. 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  3. 草那芸之大刀(くさなぎのたち)

の3種である。

3種の神器は世界における異なる力の象徴

これらそれぞれの神器は「力の象徴」である。八咫鏡は知力を、八尺瓊勾玉は経済力を、草那芸之大刀は武力を表している。「知力」、「経済力」、「武力」。この3種が私たちの世界でのチカラの源になる。

3つの力のパワーバランス

これら3つはすべて異なる力のカタチをしている。どれも巨大な力であることに間違いはないが、これらの力が衝突したとき、どのように勝敗が決まるだろうか。これには一定のルールが存在する。

  • 「知力」は、「経済力」に弱く、「武力」に対して強い。
  • 「経済力」は、「武力」に弱く、「知力」に対して強い。
  • 「武力」は、「知力」に弱く、「経済力」に対して強い。

一言で言えば、「知力 < 経済力 < 武力 < 知力」である。

すべてのモノは何かには必ず勝つと同時に、何かには必ず負ける。
じゃんけんとは、よくできた仕組みである。

この記事を覚えておきたいときは、お好きな方法で保存できます。

1人でアイデアを実現しようとしているあなたへ

1人での起業が難しく、成功確率が著しく低いのには明確な原因があります。マテリアライザーでは、15年以上に及ぶ新規事業開発と実践研究の知見をもとに、1人起業の成功確率を圧倒的に高め、アイデアを実現することをミッションとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です